虫歯には5つの進行ステップがある

虫歯にはCo→C1→C2→C3→C4このように進行していきます。各ステージによって治療方法と虫歯の深刻さが異なるのでぜひ覚えておいてください。当然ですが治療は早ければ早い方がいいです。歯の定期検診は欠かさないようにしましょう。

Coとはどんな状況の虫歯なのか?

Coは虫歯予備軍が歯の中にいる状態です。Coの状態では具体的な治療は必要なく、基本的には歯磨きのやり方を工夫したり口内環境を改善することによって様子を見ます。特徴としては、Co状態の歯は他の歯と比較してすりガラスのような色になります。明らかに様子が異なるので不安に感じる方は多いですが、歯磨きによって改善できます。しかし、楽観視せずに一度歯医者で見てもらいましょう。

C1とはどんな状況の虫歯なのか?

C1はエナメル質に虫歯がある状態です。見た目が黒くなっているので比較的気が付きやすい虫歯です。歯に穴が開いている状態なので、すぐに歯医者に行きましょう。ただ、歯が黒くなっているからといって100%虫歯と言い切れないのが難しいところです。

C2とはどんな状況の虫歯なのか?

C2は象牙質まで虫歯が進行している状態です。特徴として、甘い食べ物を食べると痛む、冷たいを食べるとキーンと染みるがあります。多少の痛みは伴うもののそこまでひどい状態ではありません。なるべくC2までの状態で治すことを心がけましょう。そのためも早めの治療が大切です。

C3とはどんな状況の虫歯なのか?

C3は歯髄まで虫歯が進行している状態です。虫歯とはつまり神経のことです。菌が神経まで届いているのでものを食べたり飲み物を飲むと激痛が走ることがあります。人によっては呼吸をするだけで痛いです。また神経にまで虫歯が進行している場合、治療にもそれなりに時間がかかります。

C4とはどんな状況の虫歯なのか?

C4は虫歯で歯が溶けてしまい、根の部分しか残っていない状態です。この状態になると歯を抜く以外の選択肢は残されていません。

いかがでしたでしょうか?C3、C4まで虫歯が進行してしまうと、日常生活にも支障が出てしまうので、何度も言いますが早めに治療に行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です